治療方法について|膣のゆるみを治療するなら|優秀なクリニック選びを

膣のゆるみを治療するなら|優秀なクリニック選びを

女の人

治療方法について

笑顔の女性

一般的に膣のゆるみは、専門の医療機関で治療することができます。そこでまず知っておきたいことが、どのような治療方法があるかです。治療方法について知識を持っていれば、緊張感や不安も和らぐでしょう。それではまず初めに、膣のゆるみ治療の中でも最も効果の高いと言われている方法ですが、これは膣縮小術と言われている方法です。この治療方法では緩んでしまったり、断裂した筋肉を修復することで、締りを良くする施術です。この治療法には二ヶ月程の回復期間が必要とされていますが、回復期間を過ぎれば通常通りの性交渉も可能になります。ですが、膣が狭くなると出産が難しくなってしまうので、出産予定のない女性に人気の方法と言えるでしょう。そして、フィラー注入法は膣壁の下にフィラーを注入することで、ゆるみを解消する治療です。このフィラーには二種類あり、パールフィラーの場合は体内に吸収されない為、一回の治療で効果が持続します。逆にヒアルロン酸を注入するタイプのボリュームフィラーは体内に吸収されるため、一年に一回のペースで施術する必要があるでしょう。ただ、パールフィラーの場合は出産時に赤ちゃんと一緒に出てきます。どちらも回復期間は必要ありません。また、痛みを伴わない方法としてはペルビックトレーナーが人気です。トレーニング装置で筋肉を刺激する方法で、通院を継続することで効果が高まります。費用も安いので若い世代から高齢の方まで幅広く人気です。高周波を利用したビビーブも膣のゆるみ治療としては人気が高い方法ですが、効果は一時的なので定期的な治療が必要と言えます。